平成26年度 保護者支援研修会(委託)西毛

要綱のWordファイルです↓
西毛 再募集
保護者支援研修会開催要綱(西毛用)H26年度

平成26年度 保護者支援研修会(委託)

西 毛

開催要綱

1.目 的

 子育て中の保護者に寄り添い、その養育力の向上に必要な支援が行えるよう、必要な知識及び技術を習得することを目的として開催します。

2.主 催  群馬県(この研修会は群馬県から委託を受けて群馬県保育協議会が開催しています)

3.日程・会場

期 日

会  場

西毛

1日目

2日目

平成26年7月30日(水)

平成26年7月31日(木)

高崎市群馬福祉会館 

高崎市棟高町977-1

 ℡027-350-3200

4.定 員  60名 (対象:保育所(園)職員)

5.昼 食  昼食は、各自ご用意ください。

6.参加申込

   参加を希望される方は、別添参加申込書に必要事項をご記入いただき、7月11日(金) 

までに、下記宛にFAXにてご報告ください。なお、定員になり次第、締め切らせていただきますのでご了承ください。

※この研修は2日間、全日程を終了した方にのみ研修参加証明書を発行します。

○申込先(委託先:群馬県保育協議会)

群馬県保育協議会 事務局(群馬県社会福祉協議会 施設福祉課内)担当:小池

〒371-8525 前橋市新前橋町13-12 

       TEL:027-255-6034  FAX:027-255-6173

7.期日・内容

◇1日目◇  受付9:00~9:20  

一日目

時間

科目

講師

内容

9:20~9:30

開会・オリエンテーション

9:30~10:50

保育ソーシャルワークの展開について

高崎健康福祉大学

     教授 岡本拡子 氏

ソーシャルワークの理論と考え方について理解する。

11:00~12:30

「保護者理解の仕方・共感①」

東京家政学院大学 

准教授 柳瀬洋美 氏 

ロールプレイを通して保護者、支援者それぞれの立場を疑似体験する。

12:30~13:30

昼食・休憩

13:30~15:00

「保護者理解の仕方・共感②」

東京家政学院大学 

准教授 柳瀬洋美 氏 

援助的な態度と非言語的技法を体験的に理解する・言語的技法と相談援助の基本プロセスを体験的に理解する。

15:10~16:30

「虐待への対応の仕方について」

東京家政学院大学

准教授 新開よしみ 氏

エコマップ・ジェノグラム(家族アセスメント)の作成方法を通して、虐待のケースへの対応の仕方を知る。

◇2日目◇  受付9:00~9:20

日目

時間

科目

講師

内容

9:20~9:30

オリエンテーション

9:30~12:30

「援助的コミュニケーション」  

高崎健康福祉大学

教授 岡本拡子 氏

東京家政学院大学

准教授 新開よしみ 氏

東京家政学院大学 

准教授 柳瀬洋美 氏 

アセスメントからプランニングまでの実際の方法を知る・受講者各自の事例を出し合い、事例検討をグループで行う。

12:30~13:30

昼食・休憩

13:30~14:50

「保護者支援について」

 

岡本拡子 氏、 新開よしみ 氏

柳瀬洋美 氏

各グループで話し合われた事例を発表し、適切な保護者支援の方法を知る。

15:00~16:20

「子育て支援について」

岡本拡子 氏、 新開よしみ 氏

柳瀬洋美 氏

各グループで発表された事例についての講評を聞き、支援の在り方の理解を深める。

16:20~16:30

2日間の体験を振り返る

各 講 師

群馬県保育協議会(小池)宛 → FAX 027-255-6173

定員に若干の余裕がありますので、再度ご案内を致します。

当初〆切日  7/11(金)

7/16(水)に変更